グレーゾーン金利撤廃によってキャッシングはどう変わった?

カードローンを利用する際の入門ガイドとして貸金業法の改正されてキャッシングはどう変わった?というテーマで紹介。

グレーゾーン金利が廃止された後のキャッシング業界の変化

グレーゾーン金利という言葉はご存じでしょうか。グレーゾーン金利とは、金利制限法と出資法という法律よって引き起こされた事態のことを指し、法律違反の金利が妥当といてみなされてしまったケースのことを指します。現在、グレーゾーン金利が適応されたローンの金利の過払い請求をすることができます。過払い請求とは、払いすぎてしまった金利の返金要求をすることを指します。最近は大手の消費者金融の広告や法律事務所の広告によって、より多くの人がグレーゾーン金利のことを知り、過払い請求に興味を持ち始めています。

利息制限法において、金利の上限は10万円未満は年20パーセント、10万円以上から100万円未満に関しては年18パーセント、100万円以上となると15パーセントとなっていますが、これに対しては罰則は何もありません。対して、罰則のある出資法に関しては、上限年29.2パーセントと高い金利が設定されています。そのため、罰則のない利息制限法を無視して、罰則のある出資法だけを優先させて貸付を行っていました。

また、出資法は上限が年29.2パーセントという設定にも関わらず、消費者金融のほとんどが上限利率いっぱいの設定をしている状態がありました。それゆえ、利息制限法は全く無視された状態で、キャッシングが日常的に行われていたといっても過言ではありません。このふたつの法律による禁止されてはいるが罰則のない金利のことをグレーゾーン金利と呼びました。

そもそも、グレーゾーン金利の存在は消費者金融の間では周知の事実でしたが、当時の一般人の知識は皆無と言っても過言ではありません。それでも、転機は訪れました。2010年に貸金規制法が施行されたことにより、グレーゾーン金利が撤廃されたのです。

グレーゾーン金利撤廃によって、今まで払いすぎていた金利分を請求することができるようになりました。場合によっては、返してもらった金利は、キャッシングの元本以上の価格となっているケースがあり、キャッシングを完済できるうえに、手元にお金が戻ってくるというものもありました。もし、心当たりのある方は、過払い請求を検討してみてはいかがでしょうか。

人気でおすすめの銀行カードローンはここ!

いろいろな審査や手続きを迅速に済ませられて安心して利用できるカードローンベスト5をお届け!

アコム  三菱UFJフィナンシャルグループ

ここがすごい、おすすめポイント!
実質年率の下限が4.7%と低水準。
三菱UFJフィナンシャルグループで安定度抜群!
ATMがきれいで多くて使いやすい!
初めて利用する方にも使い易い消費者金融。サポート充実!!
>> アコムの詳細へ

プロミス  SMFGグループ

ここがすごい、おすすめポイント!
低金利と抜群のサービス充実度で人気度1位!
実質年率4.5%〜17.8%。しかも簡単便利!
手続きから審査までWEB契約で完結!速くて簡単!
※対象金融機関は200行以上あります。
>> プロミスの詳細へ


モビット

ここがすごい、おすすめポイント!
限度額が最高800万円。
800万円の大口融資の場合、業界TOPクラスの低金利!!
業界大手のカードローン会社で安定・安心!
安心のカードローンなら知名度抜群のモビット。
>> モビットの詳細へ

オリックス銀行 カードローン  オリックス銀行

ここがすごい、おすすめポイント!
年率1.7%〜17.8%と低金利!金利の低さで選ぶなら!
利用限度額はゆとりある最高800万円!
月々7,000円から返済可能!(借入残高が30万円以下の場合)
お得で簡単、便利と3拍子そろった銀行系ローン!
>> オリックス銀行 カードローンの詳細へ